StyleGAN2で、アラベスク模様を生成する

1.はじめに

 GANモデルは顔画像の生成が一番ポピュラーですが、今回ご紹介するのは、アラベスク模様を生成するGANモデルです。

2.アラベスク模様とは?

 アラベスク模様は、モスクの壁面装飾などに見られるイスラム美術の一様式で、3つの要素から構成されています。

 1つ目は「幾何学」です。数学的に美しい形が無限の続くパターンを構成し、世界の秩序を支配する原理を表しています。

 2つ目は「植物」です。生命および生命を生み出す女性を表現しています。

 3つ目は「文字」です。アラビア文字のカリグラフィーは美しく、その他の模様に自然に溶け込みます。

 さて、今回は zaidalyafeai さんが作成した StyleGAN2 の学習済み重みを拝借して、アラベスク模様の世界を覗いてみたいと思います。

3.コード

 コードはGoogle Colabで動かす形にしてGithubに上げてありますので、それに沿って説明して行きます。自分で動かしてみたい方は、この「リンクをクリックし表示されたノートブックの先頭にある「Colab on Web」ボタンをクリックすると動かせます。

 まず、セットアップを行います。

 それでは、seedを指定して1枚画像を生成してみます。seedは整数をリスト形式で1つ指定します。

 次に、3×3で9枚をグリッドで表示してみます。seedは整数をリスト形式で9つ指定します。

 生成した画像の間をトランジションする動画を作ってみましょう。seedは整数をリスト形式で任意の数を指定します。

 アラベスク模様、中々魅力的です。

 Google Colabのノートブックの後半には、Colabがシード設定を自動的に行ってくれるオート操作バージョンがあり、ポチポチするだけで色々なパターンがどんどん見れますので、試してみて下さい。

では、また。

(オリジナル Github)https://github.com/zaidalyafeai/gan-mosaics

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)